« 超節約術(ステップ3) | トップページ | 超節約術(ステップ1) »

超節約術(ステップ2)

仕事をしなくてもお金を持ち続けられる
”お金持ち”のお金の流れを手に入れるためには、

まずは支出のコントロールが必要不可欠で
そのためには家計簿が役に立つとも書きました。

お金を持ち続けられる人、すなわちお金持ちは
共通して支出のコントロールもとても上手です。

例えいくら稼いでいたとしてもそれ以上使ってしまったら
どんなにお金があってもお金を持ち続けることは出来ません。

▼こんな方は要注意

家計簿をつけてみて
手取りの収入と支出の額が同じもしくは
支出のほうが多かった方は要注意です。

会社の業績が悪くなり減給になったとか
住宅ローンの金利が上昇し、返済額が増えたなど

ちょっとした事がきっかけで家計が行き詰る
可能性もあります。

綱渡り的な状況と言えるでしょう。

またボーナスをあてにしたローンや支払い計画なども
上記の理由により非常に危険です。

あくまでボーナスはボーナスとして
考えられたほうがいいと思います。

手取り収入>支出

であることが収入をコントロールする上で
最低限必要です。

こうなるように家計簿から不要な項目や
合理化出来るものを探し出して支出を抑えることをお勧めします。

支出を減らすためにこのページの下部にある
無料ebookがお役に立てるかもしれません。

▼家計簿のもう一つの目的

またこの家計簿からもう一つわかることは
今の生活の余裕度(安心度)です。

例えば、貯蓄額が120万円の家庭で
毎月の支出が20万円だとすると

明日から仕事を辞めても
6ヶ月間は暮らしていけるということもわかります。

お金持ちのゴールは
この期間を無限大にすることです。

すなわち仕事からの収入が0になったとしても
ずっと生活していくことが可能な状態です。

無限大といえばすごい金額が必要なイメージがありますが
これは、何億という金額は必要ありません。

例えば3000万円を年利10%で運用すれば
年間300万円の運用益があることになります。

毎月20万円使ったとしても毎年60万円余る計算です。

その余ったお金で資産を買うことで
お金は殖え続けていきます。

これがお金持ちがお金を持ち続けることが出来る理由です。

年利20%で運用できるならば
その半分の1500万円を準備すればいいわけです。


▼購入するなら資産がお勧め

ここからは私の考え方なので
参考程度に読んでいただければと思います。

マイホームやマイカーを買うことに専念するよりも
毎月20万円を生み出し続ける資産を購入するほうが
安心できませんか?

私たち夫婦はこの仕組みを作るためにここ数年間
資産を買うことだけに専念してきました。

お金持ちを目指すという目的があると
資産を買うことに集中するようになります。

すなわち、お金を”浪費”するのではなく

本当に必要な物を買うという”消費”をベースに
”投資”に費やすようになっていきます。


▼浪費が悪いとはいいません

欲しいものがあればこんな考え方はいかがでしょうか。

運用益の一部で購入すれば元本は減りません。

最近お会いした方に
グッチが毎月欲しいという方がいました。

仮に一個5万円だと仮定すると(安いかもしれませんが)

毎月5万円を生み出す資産を作れば
グッチを毎月買い続ける事だって可能なわけです。

目先のグッチを買うのか
ずっとグッチを生み出してくれる資産を買うのかを
天秤にかけてみても面白いかもしれませんね(笑)


▼パートナーの協力が不可欠

ご夫婦に特に言えることですが
いくら資産を殖やそうと思っても、パートナーが
浪費家であれば、結局お金は手元に残りません。

お金持ちのお金の流れを目指すとすると
パートナーの協力が必要不可欠です。

私も妻の協力が無ければ
決して続けてこれなかったでしょう。

ただ、一方的に考え方を押し付けてしまうと
ストレスになるので、お互いが納得するまで
じっくりお二人で話し合われるといいですね。

夫婦で同じ目標があれば
達成は非常に早くなると身を持って感じています。

といっても支出を抑えに抑えた
ケチケチ生活では息が詰まってしまうので、

たまには運用益の一部で旅行に行ったり
豪華な食事を取ったりと息抜きもお忘れなく。

何事もそうですが

「やるなら楽しく!」

これが長く続けられる秘訣です。

« 超節約術(ステップ3) | トップページ | 超節約術(ステップ1) »