« 超節約術(その先には・・) | トップページ | 超節約術(ステップ8) »

超節約術(ステップ9)

▼長期的に考える

世界的な株価の下落や、円高外貨安の
ニュースを聞くことが多くなってきました。

私の場合、長い目でみているので
個人的にはあまり影響はありません。

プランに従いコツコツ投資しています。


その手法の一つを書くと
例えば「ドルコスト平均法」での投資です。

私はこのメルマガでご紹介している
節約術により浮かしたお金を活用して
毎月一定額を投資するようにしています。


これがどういう効果を生み出すかというと

「(価格が)高いときは少なく購入」

「(価格が)安いときには沢山購入」

出来るようになります。


細かい数字の話は省きますが、

安いときに沢山買うため、
平均の購入単価が自然と下がっていきます。



▼ドルコスト平均法を使うもう一つの理由

世界的に下落している金融商品は
これから、徐々に回復するかもしれませんし
さらに下がるかもしれません。

今後の行方はおそらく誰にもわかりません。

わかっている人がいればその人は
大金持ちのはずです。


そんな状況で私はどうしているかというと
やはりプランどおりに一定額を投資しています。

以前に比べて安くなっているのですから
もちろん、多く購入できることになりますよね。

こうしておけば、相場観がなくても
自然と安いときに沢山買えているんです。

高値で沢山買ってしまうこと、
すなわち高値掴みも回避できますしね。



▼そのために非常に重要なこと

ドルコスト平均法を使って
金融商品の購入の際に注意することがあります。


それは、

「その金融商品自体の価値がなくなる可能性が
 非常に少ないものを選ぶ必要がある」

ということです。

大暴落して沢山買えるようになったとしても
最終的に価値がなくなってしまったら・・

私はそんな金融商品を購入し続けられる自信はありません。


つまり、このプランを実践するためには
”金融商品の選択が非常に重要になる”ということです。



▼鶏が欲しいのかそれとも卵が欲しいのか

最後に投資仲間が言っていた言葉を
ご紹介しますね。


「私は鶏が産む卵(お金)で生活するために
 鶏という資産を沢山購入している」


「今は将来卵(お金)を産んでくれる鶏を
 安く購入できるチャンスなんじゃないか」

と。

鶏(資産)を食べて生活しようと思っていないので
この下落はあまり支障がないというわけです。


今後も鶏(資産)の価格は
これからまだまだ下がるかもしれませんが
その鶏がさらに安く買えるということになります。


この辺を体系的に学べる素晴らしい
セミナーがあるので追ってご紹介したいと思います。


それではまた!

« 超節約術(その先には・・) | トップページ | 超節約術(ステップ8) »