« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

思い込みの怖さ(ハワイ旅行にて)

今日からゴールデンウイークという方も
多いかと思います。

僕はちょっと早めのゴールデンウイークをとり
両親と一緒にハワイに行ってきました。

今日はこの旅で気づきがあった

出来事について書こうと思います。

ハワイは見所がいっぱいなので
ツアーに参加したり、レンタカーやタクシーなど
使われることが多いと思います。

僕も「この木なんの木気になる木♪」で有名な巨大な木
(ハワイのオアフ島にあるってご存知でした?)

Nannoki

を両親に見せたかったこと、

ダイヤモンドヘッドやハナウマ湾(綺麗でした!)

Hanauma


郊外にあるワイカレショッピングセンターなど
島中をぐるりとまわりたかったので
レンタカーを借りようと思ってました。

早速価格を調べていたところ
大手レンタカー屋では任意保険やガソリン代等々含めて
$100位(約12,000円)でした。

さらに駐車場代や、国際免許証なども必要です。
(国際免許証は無くても借りられますが、
 いざというときあったほうが何かと安心です)

島内1日ツアーに参加するととなると
1人$100位が相場のようでした。

うーん、どうしようかなと思ったときに
見つけたのが次のプランでした。

それが

「運転手付き最新リムジン一日貸切島内観光」です。

最新型リムジンで約7時間、運転手が
オアフ島の様々な観光スポットを案内してくれました。
これが実際に乗ったリムジンの写真です。

Limousine_1


このリムジンには最大10人ぐらい乗れそうでしたが
今回は4人で利用したので超ゆったり出来ました。
室内で父とゆっくりビールを飲みながら(笑)

地元のドライバーなので道に迷ったりすることもなく、
かなり効率的に観光できたうえ
ハワイの不動産情報なども教えてくれました。

レンタカーを借りて自分で運転したら同じ時間で
その半分も観れなかったと思います。

それで料金は一台いくらでしょう?

全部で$180(約21,500円)でした。

別途チップや税金を払っても$210位(約25,000円)ですかね。
昔の型のリムジンなら$150だそうです。

これだけ安いのはオアフ島での
競争が激化しているからだと思います。

一台でこの価格なので、
8人で1台チャーターすれば1人約3,000円となります。

かなり安くないですか?
そして、なにより束の間のVIP気分を味わえます(笑)

僕は今までリムジン観光は
相当高いかなと思っていて、
調べようと思ったこともありませんでした。

しかし、実際はそれほど高くないですし
地理を知り尽くしたドライバーに運転してもらえば
時間を有効に使えます。

運転手やナビ担当の方は
ゆっくり風景を楽しむ余裕もなかなかないでしょうし

お酒を飲みながらゆっくり観光できることを考えると
多少金額が高くてもそれ以上のメリットはあるでしょう。

しかも人数が多ければ多いほどお得になりますし。

観光中、国内外の方から羨望の眼差しや質問を受けました(笑)
実は意外と安いということを知らないんでしょうね。

これも”知っているか知ってないか”の差だと思いました。

といっても運転好きな方もいらっしゃると思いますので、
全ての方にお勧め出来るわけではないのですが、

ハワイ旅行の際、こういう方法もあるということを
頭の隅にでも入れていただければ幸いです。

▼思い込みは視野を狭くしているのかも?!

過去何度かハワイにいったことがあるのですが
ハワイでリムジンを乗っている人を時々見て

リムジンは高いだろう

と勝手に思い込んで、それ以上調べようとも
思いませんでした。

これは完全に僕の思い込みでした。

実際に調べてみるとこのようにすごく安く
価格以上の満足度を得られました。

思い込みは選択の幅(視野)を狭くするな

ということを痛感した出来事でもありました。

ラテマネーとは?

節約の基本は「使わないこと」ですよね。

この「使わないという節約」と、
”とある力を”を使うことで
お金持ちになれちゃうんです。

その”とある力”ってなんだと思います?

それは複利の力です。

僕はサラリーマン時代、
喫茶店でコーヒーを飲みながら
仕事の準備をして出勤するのが日課でした。

パンも買っていたので毎日500円以上
使っていたと思います。

「たいしたお金じゃないし関係ないや。」

と昔は思っていました。

でも本当にそうだったのでしょうか。


ラテマネーとは?

ラテマネーという言葉をご存知でしょうか?

友達に教えてもらった

「オートマチックミリオネア(自動的に大金持ちになる方法)」

という本に出てくる概念です。

例えば毎日コーヒーとパンを購入し、
600円支払っているとします。

これを会社にあるコーヒーを飲むなどして
毎月18,000円を浮かせて年利10%で運用したとします。

それを40年間続けたらいくらになると思います?

なんと1億円以上です!

600円を40年間で貯蓄した金額は約860万円です。
その金額が複利の力を借りると”10倍以上”になります。

年利10%は高すぎるという方、
半分の年利5%で運用したとしても
40年後には2700万円以上になります。

これでも悪くない金額ですよね。

ラテマネーという考え方から
節約はとっても重要だと感じると共に、
複利の力を借りることで、節約の効果を
大幅にアップ出来ることを学びました。

そのためにはどうしても投資が必要になってきます。


▼タバコマネー、ビールマネー?!

コーヒーはあくまで一例です。

他にもタバコやビールに使っているお金を
月々投資にまわしていけばさらに多くの資産を作ることが可能です。

特にタバコやお酒をやめる(少なくする)ことは
体にもいいので一石二鳥だと思いませんか?

他にもマンガマネー(笑)とかいろいろとあるかと思います。

このような節約の積み重ねと複利の力を使えば
将来、すごい資産を築くことが可能です。

日々の生活で消費している物の中で
本当に”いまそれが必要なのか”を考えてみると
いいかもしれません。

長期的なプランがあれば「つらい我慢」
じゃなくて、「楽しい我慢」になると思いますし
積極的に取り組めるかと思います。

ラテマネーについては

「オートマチックミリオネア(自動的に大金持ちになる方法)」
という本に詳しく書いてあります。

この他にも節約効果を倍増させたり、
資産を築くためにいろいろな気づきの得られた本なので
もし機会があれば是非読んでみてくださいね。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »