« 2006年7月 | トップページ | 2006年10月 »

空港にあるカードラウンジを無料で使う方法+α

飛行機で旅行する時って、
時間に余裕をもって空港へ行くので、
チェックイン手続き後はかなり暇じゃないですか?

特に海外旅行の時は
出発する2,3時間前にチェックインすることが多いので
どこかで時間をつぶすことが多いはずです。

ビジネスクラス以上であれば、出国審査後、
航空会社の専用ラウンジが利用できますが、
航空券自体が高く、なかなか利用出来るものではありません。

僕たちが時間に余裕のある時によく利用しているのが
主要空港にあるカード会社の専用ラウンジです。

カード会社の専用ラウンジのいいところは
なんといっても

”ドリンク飲み放題”

ということです。サービス内容は空港によって違いがあるようで、
セントレア空港ではなんとビールも飲み放題でした。

新聞や雑誌も揃っていますし、ホットスポットもありますので
出発前までラウンジでゆっくり過ごすことができます。
(ただしラウンジはセキュリティチェック前にしかないので
 出発時間にはお気をつけ下さい)

その気になるその料金はというと

1時間で1000円以上というのが相場のようです。

夫婦2人で2時間過ごすと4000円以上となってしまい、
これではちょっと高すぎます。

ご存知の方も多いかと思いますが、
実はこれを無料にする方法があります。

それは

”ゴールドカードを持つ方法です”
 ※セゾン系など一部利用できないカードもありますのでご注意を

入口でゴールドカードを提示すれば
1枚につき1名無料でカード会社ラウンジを使用できます。

”ゴールドカードは年会費高いし、そもそも審査通らないだろうし・・”

とあきらめていた方もいらっしゃるかもしれません。


▼お勧めのゴールドカードとは?

僕たち夫婦の年収は決して高いほうじゃないのですが、
そんな僕たちでも持てたカードをご紹介します。

そのカードというのが
”シティエリートカード”です。

20歳以上で、年収200万円以上というのが
目安のようで、比較的取得しやすいカードです。

しかも年会費が年間6300円!と
ゴールドカードの中では格安の部類にはいります。

さらに!!

カード取得後、3ヶ月以内に1万円以上
このカードで支払えばなんと

”初年度年会費無料です!”

メリットはそれだけじゃありませんよ。


▼さらなるメリットとは?

このカードを持っていれば、
カード会社のラウンジが無料で使えるのに加え、
次のようなメリットもあります。

・充実した内容の海外旅行保険が無料付帯!
・citibankの口座管理維持手数料無料
・ゴールドカードというステータス(笑)

以前、海外旅行保険の裏技についてお話しましたが、

海外旅行の際には海外旅行保険が付帯するカードを
複数枚所持して補償内容を充実させてます。

そして次に
citibankの口座管理維持手数料についてですが

citibankでは50万円以下(※)の金融資産の場合は
月に2100円の口座維持手数料が発生してしまいます。

※外貨建て預金・外貨建て投資信託の場合は20万円相当の額

それが、シティエリートカードの引き落とし口座として
citibankを指定すれば、口座管理維持手数料がかかりません。

これがネックとなりcitibankの口座開設を
あきらめていた方であれば、このカードを持つだけで

”年間25,200円の価値があるということです”

ドル建ての小切手を受け取ることが多い僕は
このcitibankにドルのまま預けて年利3.6%程で運用しています。

外貨の金利は日本と比較しかなり高いのが特徴ですね。
(日本が安すぎるだけなのですが 笑)

2年目以降は年会費が発生しますが、上記のメリットを駆使し、
僕はこのカードの”モト”を十分取らせてもらっています。
”シティエリートカード”

もし、クレジットカードに加入される場合は最低でも、

”年会費のモトをとれるか"

理想を言えば

”さらにプラスになるか”

を考えられたほうがいいかと思います。

初年度年会費無料なら、
それだけで充分モトを取れてますけどね(笑)

ちなみに僕は年会費のモトが取れないカードは持ちません。


▼眠っているカードありませんか?

皆さまのお財布の中に
付き合いで作ったカードなど

”全く使っていないのに年会費だけ支払っているカードありませんか?”

モトの取れない(もしくはメリットの少ない)
カードは解約されたほうがいいかもしれません。
年間数千円、人によっては年間数万円の節約になる方もいるのでは?

使わないのにお金を支払うことほど
もったいないことはありませんからね。

これを機会にお持ちのカードを見直されてみてはいかがでしょうか?


この記事が参考になれば
こちらへクリック頂けると励みになります!
お勧め節約サイトもいっぱいあります(人気blogランキング)

| コメント (0) | トラックバック (0)

ETCマイレージサービスを使った節約

1年前と比べてETCレーンを通過する車が増えてきました。

ETCのよさが徐々に認知されてきたということもあるでしょうし、
高速道路会社がETCへの移行を促進するために
お得なキャンペーンを実施しているからだと思います。

これらのキャンペーンを利用すれば
ETC導入費のモトをとるのは簡単なんです。

しかも一回モトを取ってしまえばあとは得し続けられるので、
ETCへの投資は一日も早いほうがいいと
メルマガで何度かお伝えしてきました。

お得なことはいろいろあるのですが
今日はその中でも
ETCマイレージサービスをご紹介します。


ETCマイレージサービスとは?

ETCマイレージサービスとは何かというと
高速道路の利用料金に応じてポイントを獲得でき、
そのポイント数に応じて高速道路を無料で利用できる
仕組みです。

利用する高速道路により獲得できるポイントが
若干異なるのですが、殆どの高速道路では
5万円分利用すれば8000円分無料になる
ポイントを獲得できます。

僕たちは、このポイントを使い無料で帰省しました。

といっても
5万円も高速道路を利用することは結構大変です。

昨年発行のメルマガでご紹介しましたが、
実は昨年の12月~今年の3月頃まで
ETCマイレージサービスの獲得ポイントが2~3倍になる
お得なキャンペーンを行っていました。

ちょうど帰省時期にも重なったので、
僕はポイント3倍の日を狙って高速道路を利用したんです。

ポイントが3倍なので、
5万円の1/3である16,700円を利用するだけで
8000円分が無料になりました!
今思えばかなりお得なキャンペーンでしたね。

また、こういったキャンペーンをみつけたら
随時ご紹介していきますね。


ETCマイレージサービスの落とし穴

このETCマイレージサービスには
一つだけ欠点があります。

それは”有効期限”という存在です。

ETCマイレージサービスで4月~翌年3月まで獲得したポイントは、
その翌々年の3月までしか有効ではありません。

すなわち、最長2年、最短13ヶ月で獲得したポイントが
失効してしまうということです。
折角ポイントを貯めても失効したら意味がなくなりますので
お気をつけ下さいね。

あと一つ気をつけたほうがいいことは
”ポイントの交換レート”です。

ETCマイレージサービスの交換レートを見てみましょう。
制度がちょっと複雑なので簡略化しますね。
(殆どの高速道路の場合を例としています)

 合計利用金額 | 無料利用分 | キャッシュバック率
 -------+-------+-----------
 50000円 | 8000円 |   16%
 30000円 | 2500円 |    8%
 10000円 |  500円 |    5%
  5000円 |  200円 |    4%

上の表にあるキャッシュバック率
すなわち、利用金額の何パーセントが
無料利用分として返ってくるかという割合でみると、

50000円分高速道路を利用した後に
無料利用分に交換したほうが
最もお得ということがわかるかと思います。

5000円利用して、すぐに交換するのはもったいないですよー。
ただし、有効期限にはお気をつけ下さいね。

ETCの導入はまだという方は
こんなキャンペーンを利用されることをお勧めします。
http://www.smile-etc.jp/service/campaign.html#600point

内容はというと、ETCを新たにセットアップし
ETCマイレージサービスに申し込むと、
高速道路を30000円分利用したのと
同じポイントが獲得できるというものです。

ということはこのキャンペーンを利用して
ポイントを獲得した後に高速道路を20000円分利用すれば

”8000円が無料でなるということですね”

是非このようなキャンペーンを利用して
まずはETCの導入費のモトを取ってみてください。


▼サービスについての詳細ならびに申込み

ETCマイレージサービス
http://www.smile-etc.jp/

ETCには他にもいろんなサービスがあり
上手く活用すれば本当にお得です。

あと、お金には直接かえられませんが、
待ち時間なくゲートから出れるのも嬉しいものですよ。
これは”時間の節約”ですね。

この記事が参考になればこちらへクリック頂けると励みになります!
お勧め節約サイトもいっぱいあります(人気blogランキング)

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年10月 »