« ガソリン代の節約方法 | トップページ | ETCマイレージサービスを使った節約 »

電化製品の購入の際に考慮すべき点

我が家では、数年前に洗濯乾燥機を導入しました。


皆さまご存知だと思いますが念のために書くと

洗濯機と乾燥機が一体になったもので、
洗濯すすぎから乾燥まで一気に
おこなってくれる優れもの洗濯機です。


かなり便利なものですが、
乾燥機がついているので電気代だけを見ると、
普通に干したほうが間違いなく安くなるでしょう。

なぜ、節約を志す我が家で
これを購入しようと思ったのか。












それは、”時間の節約と部屋の有効利用”です。


洗濯物を干して取り込むとなると、二人暮らしだとしても
15分くらいはかかります。

洗濯のペースは二日に一回位なので
月に4時間弱は洗濯物を干す時間に費やしている計算になります。

この分の時間をホームページの作成や投資など
効率のいいものに投下したほうがいいと考えました。


また、”部屋の有効利用”というのは何かというと、
今まで6畳部屋の半分が洗濯物を干す
専用スペースになっていました。

この使っていない専用スペースを家賃換算すると、
かなりの金額を払っていることがわかりました。


あと、隠れた理由として

”干すのが面倒くさかった”

ということもあります(これがかなり大きいかも 笑)


以上の点が決め手となり購入したわけですが、
購入した後、わかった効果もありました。

それは


・梅雨時期の生乾きも防止できる
・干す部屋の湿度が抑えられ除湿機が不要に


除湿機が不要になったので、その分の電気代が安くなった上に
ヤフオクでいい値で売れホクホクでした(笑)



▼気になる洗濯乾燥機の電気代は?

洗濯乾燥機の電気代ですが、エコワットというもので
計測してみたところ、二人暮らしの我が家の場合、
一回あたりの洗濯乾燥機の電気代が40円ほどになりました。

最近では斜めドラム式で水道代を節約できる機種も
あるので、一回あたりにかかる費用はさらに安くなって
いるようです。


我が家の場合、導入前の電気代が約10円ほどだったので
一回あたり30円、月にすると450円高くなりますが、
スペースの節約によるメリットは
月に5000円程の計算になるので、大きくプラスになる計算になります。

また、干す時間を仕事に投下できるので
その効果はさらに大きくなります。


もちろん洗濯乾燥機の購入費がありますが、
月5000円以上の効果と考えたら2,3年で元が取れると考えました。
ちょうど調子が悪くて買い替えを考えていた時期だったということも
大きかったですね。



▼他の電気製品の購入の際にも

この考え方って、いろんな電気製品の購入の際にも使えます。

例えば、食器自動洗い機。

食器自動洗い機は、水道代が安くなるという触れ込みですが、


季節によりお湯を使う必要が出てくるで、
それにかかる電気代やガス代を加味すると
今までより費用がかかるケースが多いでしょう。


単純にランニングコストだけを考えると
赤字になるケースが殆どだと思います。


これを導入するにあたっては、

・導入することでどのくらいの時間を節約できるか?
・食器を洗わないことで手あれを防げる等の副次的な効果はあるか?

ということ加味して考えられると
いいかと思います。


この記事が参考になれば
こちらへクリック頂けると励みになります!
お勧め節約サイトもいっぱいあります(人気blogランキング)

« ガソリン代の節約方法 | トップページ | ETCマイレージサービスを使った節約 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8433/11093435

この記事へのトラックバック一覧です: 電化製品の購入の際に考慮すべき点:

« ガソリン代の節約方法 | トップページ | ETCマイレージサービスを使った節約 »