« | トップページ | 節約テクニック(クレジットカードを使って節約) »

海外旅行保険を無料にする方法

海外へ行く際には、必ず海外旅行保険に入りましょう。

「海外旅行保険に加入していなかったため何百万円も請求された」

などという怖い話を聞きます。

しかし、


"高い旅費を払った上にさらに数千円の出費なんてー"

と加入されていない方も結構いるかもしれません。

そのような方に特にお勧めしたいのが、


”年会費無料でかつ海外旅行保険が付帯するカードに入会すること”

です。

しかし、年会費無料というだけあって、保障金額が低く、

いざというときに安心できる内容かどうかは疑問が残ります。

(まったく加入しないよりは全然いいですけれどね)

そんな時に役立つ裏技が


”複数のクレジットカードに加入し補償内容を合算すること”


なんです。

実は死亡保険以外、すなわち傷害保険、賠償責任保険、

携帯品保険などは複数の補償内容を合算できます。

したがって、複数のカードを持てば


”何千円もする海外旅行保険に匹敵する補償内容を得られます”


僕たち夫婦は海外旅行へ行く際にはこの裏技を使っているので

特別に海外旅行保険には加入しません。

海外旅行にかかる費用を少しでも安くとお考えの方には

お勧めの裏技ですね。

今回、海外旅行保険が付帯する年会費無料のカードを

集めてみましたのでご紹介しますね。

既にお持ちのカードにも海外旅行保険が自動付帯している場合があるので

まずはそれを洗い出し、足りない分を下記カードで補う

形がいいかもしれません。

1.My Sony Card

死亡・後遺傷害 2,000万円
疾病・傷害治療 100万円
賠償責任(免責金額なし) 2,000万円
携行品損害(免責金額3,000円) 20万円
救援者費用 200万円

http://www.100setuyaku.info/link/sony.html

2.イオンカード

死亡・後遺傷害 1,000万円
疾病・傷害治療 100万円
賠償責任(免責金額なし) 1,000万円
携行品損害 10万円
救援者費用 100万円
備考 旅行に行く前に事前申し込み要

http://www.100setuyaku.info/link/aeon.html

3.シティバンククリアカード

死亡・後遺傷害 1,000万円
疾病・傷害治療 100万円
賠償責任(免責金額なし) -万円
携行品損害 30万円
救援者費用 50万円
備考 保障を受ける為には旅行費用を支払う必要あり

http://www.100setuyaku.info/link/citi.html

1.~3.を合計すると

死亡・後遺傷害 2,000万円(これだけは合算できない為、My Sony CardがMAX)
疾病・傷害治療 300万円
賠償責任 3,000万円
携行品損害 60万円
救援者費用 350万円

となり、一般の海外旅行保険と遜色のない補償内容になると思います。

しかもそれが無料ですからねー。

1.のMy Sony Cardは年会費無料にしては比較的よい

サービス内容を提供されていますし、

2.のイオンカードも20,30日の「お客様感謝デー」では

ジャスコやマックスバリューで5%OFFで買い物できる

日常生活でもお得に使えるカードです。


以上のことは、実際にクレジットカード会社や保険会社、

インターネットからの情報をもとにしていますが、

今後補償内容が変わったり、正確でないこともあるかもしれませんので、

ご注意ください。

クレジットカード付帯の保険に

プラス幾らかで補償内容を充実させるという保険もありますから

こちらもうまく活用されるといいと思います。

保険料だけでもかなりの節約になりますから、

次に海外へ行かれる際には是非ご検討ください。

参考になればこちらへクリック頂けると励みになります!
お勧め節約サイトもいっぱいあります(人気blogランキング)

« | トップページ | 節約テクニック(クレジットカードを使って節約) »

コメント

はじめまして。
質問させてくださいね。
例えばA,B,Cの三種類のカードをもっていて,それぞれの傷害保険額が200万円だとすると、200万×3=600万の保険を受けることができるんですよね? もし治療費500万円かかった場合、請求などはどのようにするのでしょうか? 病院では三枚のカードで支払いまたはキャッシュレス治療がスムーズに受けられるのでしょうか? 帰国後の請求手続きはめんどくさくないのでしょうか?
教えてください。

投稿: ぶんぶん | 2005.11.02 11:24

ぶんぶんさん

はじめまして、小倉です。
レス遅くなりまして申し訳ありませんでした。

請求に関しては、現地で証明書(必要書類はお持ちのカード会社にご確認ください。)を発行してもらいます。帰国後に申請した際、メインの保険会社に提出すれば、「他にも保険に入っていますか?」と聞かれると思いますのでその保険会社名をおっしゃって頂ければ、保険会社同士の話し合いになるようです。

何卒宜しくお願いいたします。

投稿: 小倉(管理人) | 2005.11.21 14:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8433/5954609

この記事へのトラックバック一覧です: 海外旅行保険を無料にする方法:

« | トップページ | 節約テクニック(クレジットカードを使って節約) »