« 節約テクニック(海外からの電話を無料に) | トップページ | 海外旅行でも健康保険を使う方法 »

旅行での節約テクニック

飛行機で旅行すると
国内線にしても国際線にしてもそうなのですが
出発までの待ち時間、とっても暇ですよねー。

ビジネスクラス以上であれば、航空会社の専用ラウンジが
利用できたりしますが、そもそも航空券自体が高く、
僕たち夫婦には高嶺の花です。

そんな僕たちが利用しているのが
空港にあるカード会社の専用ラウンジです。

カード会社の専用ラウンジのいいところは
なんといっても


”ビールやドリンク飲み放題”


おつまみもありますので
ビール好きの僕にとってはまさに”楽園”です(笑)。

新聞や雑誌も揃っていますし、
ホットスポットもありますので
出発までゆっくり過ごすことができます。

その料金はというと

ゴールドカードを持っていれば、無料”で利用できます。
※セゾン系など一部利用できないカードもありますのでご注意を。


”ゴールドカードは年会費高いし、審査も厳しいしなー”


と思われていた方、一般的には確かにそうですね。

でも中には、年会費も比較的安く、
入会制限も低いカードもあります。


それがシティエリートカードです。
http://www.100setuyaku.info/link/elite.html

年会費6,300円で、20歳・年収200万円以上から持てるので
比較的入手しやすいカードだと思います。

僕がこのカードを持っているのは4つの理由があります。

1.カード会社のラウンジが利用可能
2.海外旅行保険が無料付帯
3.citibankの口座管理維持料無料
4.初年度年会費無料

2の裏技は前々号でご紹介したとおりですね。
海外旅行保険が付帯するカードを複数所持し
保険内容を充実させてます。

しかも初年度無料(3ヶ月以内に1万円使うのが条件)ですしねー。

僕はこのカードの”モト”も十分取らせてもらいました。

カード会社に怒られそうですが、
クレジットカードに加入される場合は、

”年会費のモトをとれるか"

”そしてさらにプラスになるか”

を考えられるといいと思います。

全く使っていないのに年会費だけ支払っているカード
ありませんか?

個人的にはモトの取れない(もしくはメリットの少ない)カードは
解約されたほうがいいと思います。

その分節約にもなりますしね!


ちなみに、
僕が持っているカード全てに意味があり、目的があります(笑)。
稼ぎ頭のメインカードはまた追ってご紹介しますね。

参考になればこちらへクリック頂けると励みになります!
お勧め節約サイトもいっぱいあります(人気blogランキング)



« 節約テクニック(海外からの電話を無料に) | トップページ | 海外旅行でも健康保険を使う方法 »

コメント

このあいだの函館旅行で残念だったことの1つ、それは夫のダイナースで2人までタダで利用できるはずのラウンジが、私のカードがゴールドなどでなかったせいで、有料といわれたことでした。
成田だったら無料なんですが、ラウンジの経営上経費削減対象になったのでしょうか、有料で利用する気にはなれず、あきらめました。
羽田はせこくなってしまい、残念です。

投稿: Varsa | 2005.09.25 21:00

小倉様はじめまして。

>年会費のモトをとれるか
>そしてさらにプラスになるか

大切な考え方ですね。
こう考えてカードを持つ人と、考えないで持つ人は、将来大きな違いになっていくでしょうね。

いい情報をありがとうございました。

投稿: 上田 一生 | 2005.09.30 11:13

Varsaさん

コメント有難うございました。
ダイナースは二人無料だったんですね。知りませんでした。僕はお得なゴールドカードを2枚もっていてそれを二人で利用しています。
(両方僕名義なのですがOKのようです。ですので旦那様がゴールドをお持ちであれば入れるはずですよ)


上田様

はじめまして!コメント有難うございます。
カードは負債と言われていますが、うまく利用すればかなり得することが出来るんです。
年間20万位の価値はありますからねー。

サイト拝見させて頂きました。とっても素晴らしいですね。これからもちょくちょく遊びにいきます。今後とも何卒宜しくお願いいたします。

投稿: koki(管理人) | 2005.10.02 12:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8433/6103707

この記事へのトラックバック一覧です: 旅行での節約テクニック:

« 節約テクニック(海外からの電話を無料に) | トップページ | 海外旅行でも健康保険を使う方法 »