« 節約テクニック(割引チケットのちょっと変わった活用方) | トップページ | »

節約テクニック(高額医療費補助で得をする)

お越し頂き有難うございます!


医療費の合計が年間10万円を超えた場合に、

確定申告をすれば税金が戻ってくる医療費控除という制度は

結構皆さまご存知かもしれません。


しかし、意外に知られていないのが今回ご紹介する



    ”高額医療費補助制度”



です。入院時などにこの情報を知っているのと知らないのでは

かなりの費用負担に違いが出てきますので、

いざという時のために是非覚えておいて頂ければと思います。


そもそも”高額医療費補助制度”とは、



「病気やケガなどで医療機関にかかり、医療費が高額になった場合、

一定額を超えた分について申請すると、支給が受けられる制度」




のことです。


一定額というのは所得や年齢によって異なります。

70歳未満の場合の一ヶ月あたりの負担額は、

●生活保護の被保険者や市町村民税非課税世帯などの方
 35,400円

●標準報酬月額が56万円以上の被保険者及びその被扶養者
 139,800円+(医療費-466,000円)×1%

●上記に該当しない方
 72,300円 +(医療費-241,000円)×1%

※食費等や室料差額等一部費用は控除範囲外

となります。


僕の例をあげて説明しますと、

2年前にスノボで手を骨折し、手術のため入院したのですが、
(実は骨折したことに気づかず2ヶ月生活していました 笑)

入院治療費として約15万円かかりました。


かなり手痛い出費だったわけですが、上記制度のおかげで

なんと約5万7000円も戻ってきました!



さらに生命保険の入院特約に加入していたので



実質の費用負担はなんと0円!!



    といいますか、


ここだけの話、大きくプラスでした(笑)


実は、僕が入院した時にはこの制度を知らず、

友人から聞いて、申請しなんとか間に合ったんです。


もちろん健康保険への加入が前提ですが、

申請用紙と領収書のコピーを提出するだけで、

かなりの費用が戻ってくるわけですから大きいですよー。


いざという時に役立つ情報ですので、

是非頭の隅にでも入れておいてください。


手続き方法は、保険の種類やお住まいの地域によって

異なるかもしれませんので最寄の


●国民健康保険は市町村役場

●社会保険の方は社会保険事務所


までお問い合わせください。


また、高額医療費補助制度の詳細は

社会保険庁のページをご覧ください。

http://www.sia.go.jp/seido/iryo/kyufu/kyufu06.htm

blogランキングに参加しています
よろしければこちらへクリック頂けると励みになります!

« 節約テクニック(割引チケットのちょっと変わった活用方) | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8433/5366502

この記事へのトラックバック一覧です: 節約テクニック(高額医療費補助で得をする):

« 節約テクニック(割引チケットのちょっと変わった活用方) | トップページ | »