« 節約ということ その5 | トップページ | 節約ということ その7 »

節約ということ その6

いつもをご覧頂き有難うございます!

5日前から本格的にはじめたblogランキングですが、
当時300位近くだった私のサイトが皆様のおかげでいまやこちらへと大幅Upしました!本当にありがとうございます。
これからもお得な情報を日々ご提供していきますので、応援宜しくお願いいたします。

今日はおとといの続きで

”精神的にも金銭的にも豊かになる節約テクニック(電気編)”

をご紹介させていただきます。

電球型蛍光灯で節電

家にある電球という電球を「電球型蛍光灯(例:ナショナルさん)」に変えることです。同じ明るさでも消費電力は75%~80%減、
さらに寿命は白熱灯電球の約6倍と言われています。

白熱灯電球と比較し値段は張りますが、耐久性と省電力を加味すると、いずれもとを取れると思います。(寝室や玄関、お風呂など長時間つけるようなところだと特に)我が家でも去年に電球はすべて「電球型蛍光灯」に変えています。


電気ポットは使わないという節電

意外に電力を消費するってご存知でした?
使用頻度によって異なるとはおもいますが、月あたり900円近く電気代がかかるということです。
我が家ではそのつどお湯を沸かすようにしています。
もし面倒という方は、電子レンジで暖めるのも手ですね。
最近では魔法ビンとの合わせ技の「節電型電気ポット」もありますので、お湯の使用頻度の高い方は
投資対効果をみて(もとが取れるかどうか)買い替えを検討されてみてもいいかもしれませんね。

電気ポットをやめるのは不便になるシーンが多いかもしれませんが、
「電球型蛍光灯」は知らず知らずのうちに節約になりますのでお勧めです!

そうそう、我が家では電化製品がどのくらいの電気代を使用しているかを知る目安として「エコワット(下写真)」を製品を活用しています。コンセントにこの「エコワット」を差込み、気になる機器のプラグ差し込むだけで、使用電力量、使用時間、電気使用料を知ることができます。

エコワットでは簡単に1kWhあたり25円で計算されているのであくまで概算ですが、近い値なのでおおよその電気代を知る目安になります。電気代を消費している犯人(?)の割り出しや電気代の見直しにいかがでしょうか?

写真をクリックすれば、楽天市場からの購入も可能です。(送料別2,940円)


参考になった方はこちらへクリックをお願いします(ランキング)

« 節約ということ その5 | トップページ | 節約ということ その7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8433/3732360

この記事へのトラックバック一覧です: 節約ということ その6:

« 節約ということ その5 | トップページ | 節約ということ その7 »