« 節約ということ その6 | トップページ | 節約テクニック(会社編2) »

節約ということ その7

いつもご覧頂き有難うございます!

本blogが皆様のおかげでついに25位以内に入りました。有難うございます。
最新の順位はこちらから確認できます。

今日も日々実践している

”精神的にも金銭的にも豊かになる節約テクニック”

をご紹介させていただきます。節約のヒントになれば幸いです。


”モトをとる”という考え方

以前ご紹介させていただいた「ETCの導入」にしても、昨日ご紹介した「電球型蛍光灯」にしても、
ある程度の初期投資が必要です。

しかし、一旦導入すれば、場合にもよりますが両者いずれも初期投資分を回収できます。
従って決断は早ければ早いほど有利なんです。

このことは日常生活の様々なシーンにおいても適用可能です。一番身近なところでは家電製品でしょうか。
”地球環境保護”という観点からも現在、”省エネ電化製品”というのがブームで様々な製品が続々各社より出てきています。

例えば、10年前のエアコンと最新の省エネ型エアコンを比較した場合、なんと電気代が50%も削減できるものもあります。使用頻度にもよりますが、3年間も使用すれば、節約した電気代で新しいエアコンを購入費の元は取れるのではないでしょうか?

冷蔵庫やエアコンなど大量に電気代を消費するものは、一回電気屋さんに相談して、どのくらいで元が取れるのかを聞いてみるのもいいかもしれませんね。
古ければ古いほど、モトを取る期間が短くなるはずです。
しかも、

「最新機種を使える」

わけですから!

余談ですが、私は4人兄妹なのですが兄妹、皆”モト”というのに、とても敏感です。
両親、兄弟で集まって食べ放題のお店に行くと必ず弟が「もとトリーズ」なるものを結成し、

「ご飯は単価が安いのでNG、単価の高い"カニ"や"タン"を中心に食べるように」

と下の弟、妹に指示しながら食べている姿をみると、さすが兄弟だなと思ってしまいます(笑)


行列に並ぶときはアルバイト感覚で

よくチラシに先着何名様に超特価で販売とか、無料で差し上げます。というキャンペーンありますよね?
私はこの行列に並ぶことをアルバイトだと考えています。

例えば実売価格25,000円の製品を、5,000円で購入できるならば、20,000円の得になるわけです。
本来私は行列につくのはあまり好きじゃないので、こういう時は時給計算することにしています。
もし5時間並んで購入できたら、

「時給4,000円のアルバイトだ」

という風に。
このアルバイトの特徴は、何もしなくても「ボーっ」としているだけで、時給がもらえてしまうという
”超美味しいアルバイト”だということです。

得する金額/並ぶ時間=時給

と考え、私は時給が1,000円を切るような行列には並ばないことにしています。
去年はこの考え方でかなりアルバイトして稼ぎました(笑)。


参考になった方&応援いただける方はこちらへクリックをお願いします(ランキング)

« 節約ということ その6 | トップページ | 節約テクニック(会社編2) »

コメント

はじめまして!
すご~い発想、驚きました。時間のある今でも、並ぶのは苦手、こんな風に考えると、また楽しい生き方ができるんですね。

投稿: とんち | 2005.04.19 09:36

とんちさん、

はじめまして、kokiです。
コメント頂き有難うございました。
そうなんですよー。考え方一つで辛いことが楽しくなったりしますよね。

これからも毎日更新する予定ですので是非また遊びに来てください!

投稿: koki(管理人) | 2005.04.19 13:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8433/3749147

この記事へのトラックバック一覧です: 節約ということ その7:

« 節約ということ その6 | トップページ | 節約テクニック(会社編2) »