« 節約テクニック(お勧めクレジットカードで得をする) | トップページ | 節約ということ その5 »

節約ということ その4

いつも「お得日記」をご覧頂き有難うございます!

今日は昨日の予告と趣旨をちょっと変更し、以前ご紹介した

”精神的にも金銭的にも豊かになる節約テクニック”

で書き忘れていた重要なことを扱います。


貯蓄する前にローンは繰上げ返済する
いざという時の為に備えて、最低限の貯蓄は必要だと思いますが、それ以上の貯蓄をするならば、まず抱えているローンを繰り上げ返済して、まずは抱えている負債を整理されることをお勧めします。

現在、普通預金の金利は0.002%、定期預金は利率がどんなによくても1%位でしょう。
でも考えてみてください。ローンの金利って、通常2~10%位(消費者金融系はそれ以上)が普通ではないでしょうか?

貯蓄して、”ただ同然”の金利を得ている間に、ローンの利子でそれ以上の支払いをしているわけです。とてももったいないことをしていると思いませんか?

特に住宅ローンをはじめとする金利は、これから徐々に上昇するといわれています。
そうなると、3年は5年の固定金利、もしくは変動金利を選択されている方にとっては、金利上昇分が家計を圧迫することになりかねません。そうなる前に、出来るだけ借りている元手を減らされたほうがいいと思います。

繰り上げ返済すれば、多少の手数料は取られても、利息分は払わなくて良くなりますからね!
「繰り上げ返済」は考え方を変えれば、

「ローン金利分の預金ができる」

といえます。2~10%の利息の預金、すごいと思いませんか?


第一種奨学金を繰り上げ返済すると一割戻ってくる
意外に知られていない方法かもしれません。
無利息の第一種奨学金でも一括返済すると、なんと返済額の一割が戻ってくるんです。(詳細はこちらからお問い合わせください。)我が家でも、妻の奨学金(無利子)も今年6月に繰上げ返済する予定です。無利子なので、別にゆっくり返してもいいのですが、繰上げ返済することで10%キャッシュバックされるわけですから、ノーリスクハイ(?)リターンな投資方法ともいうことができますよね。

返済の際には、全てを返済するのではなく、リスクを考えていざというときの貯蓄は残すということも重要です。


公共料金や、税の支払いもカード支払いできる裏技を利用する
こちらもあまり知られていない方法かもしれません。大都市ではガスや水道などの公共料金の支払いにカードを使えるところが出てきておりますが、地方では今だ銀行振り込みやコンビニでの支払いがメインだと思います。

そんな地方でも間接的にカードを使える裏技があります。
しかも、場所によっては固定資産税や自動車税などもカードで払うことが可能です。

その方法とは、

「Edy機能を持ったクレジットカード」

にパソリからチャージして、コンビニ支払いの際、Edyカードにて料金を支払うことです。
これは、Edyは全く現金と同じ扱いだということを利用したテクニックです。
(実際にコンビニのお客様センターに確認したところ支払いもOKという裏もとってあります)

Edyにカードからチャージすると、その金額分のクレジットのポイントがもらえますので、
間接的にカード支払いしたことになるんです。

ただ、固定資産税、自動車税などは、場所によってはコンビニで支払いが不可能なところがあります(私の住んでいる県ではNGでした)ので、事前にご確認ください。

固定資産税や自動車税が、間接的にカード払いできたら額が額だけに貰えるポイントも大きいですからね!
”パソリ”はSuicaやIcocaの残高や使用履歴がみれるなどEdy以外にもいろんな使い道があり、お勧めです。

10,000枚限定ですが、パソリを無料でもらえるカードなどもあるので
よろしければこちらの記事ご覧ください。

最後までお読み頂き有難うございました。


参考になった方はこちらへクリックをお願いします(ランキング)

« 節約テクニック(お勧めクレジットカードで得をする) | トップページ | 節約ということ その5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8433/3695295

この記事へのトラックバック一覧です: 節約ということ その4:

« 節約テクニック(お勧めクレジットカードで得をする) | トップページ | 節約ということ その5 »