バックアップは取られてますか?

皆さま、パソコンのデータのバックアップは
きちんと取っていますか。

バックアップをしておらずデータを失った方、
身に染みてその重要性を感じられたのではないでしょうか。

ある企業の調査によれば
パソコンの全データの消滅は失恋より辛いとか。

パソコンは永久に動き続けるものと思っている方や
データの重要性に気づいていない方が意外に多く、
バックアップの対策を全く取られていない方もいます。

怖いことを書きますが

パソコン(特にハードディスク)はある日突然壊れる可能性があります

壊れる初期段階ではなんとかデータを救えることもありますが
それにも限界があり、既に手遅れなことがほとんどです。

完全に壊れてしまうと専門業者でもない限り、
まず復旧は不可能だと考えたほうがよいです。
(しかも料金は高額で、データの復旧も保障されません)

それではどうすればいいかというと、
必要なデータをバックアップさえとってあれば、
その時点まで大切なデータを復旧させることが可能です。

具体的に言うと消えたら困る大切なデータに関しては
”外付けハードディスク”や”CD”、”DVD”など

パソコンにあるハードディスクとは全く別の媒体
定期的に保管する習慣をつけることをお勧めします。


最近の外付けハードディスクは大容量なので
定期的にバックアップする際には上書き保存するのではなく
別名をつけてバックアップデータを保存しておくことをお勧めします。

出来れば2~3回分のバックアップは取って置きたい所です。

なぜかというと、例えばあるデータを間違えて消してしまったとします。
それに気づかず、前回のバックアップデータに上書き保存してしまうと
そのデータは完全に消えてしまいます。

しかし、数回分のバックアップを取ってあれば
そのデータを救える可能性があるからです。

バックアップソフトがきちんと動作しておらず
バックアップが完全に取れていない可能性も考えられますからね。

気にしすぎる位でちょうどいい感じです(笑)

「仕事で使っているわけではないし、
 それほど重要なデータもないので、いつ消えても大丈夫」

と思われている方、

メールの内容やアドレス帳、ブラウザのブックマーク、
デジカメの画像など全て消えてしまっても本当に大丈夫ですか。

また、バックアップを定期的に取られていらっしゃる方、
バックアップの取得モレはありませんか。

最近の外付けハードディスクには

バックアップソフトが付属しているものもあるので、
そちらを利用されてもいいですね。

バックアップソフトを使うのが難しいと思われる方には

必要なファイルを別媒体にバックアップするだけでもいいので
バックアップは是非取られてくださいね。

失ってからデータの重要さに気づく前に
未然に防いでいただけたら嬉しく思います。

無料で世界旅行?!(google earth)

実は最近、世界観光に夢中です。


ついさっき、南アフリカに飛んで喜望峰を観てきました。


このメルマガを発行した後は、
グランドキャニオンを観てこようと思ってます。

僕は、いつでもすぐに世界中を観て回れるようになりました。

しかも無料で!




って、

そんなことは実際はありえませんね(笑)




でもっ!!

バーチャル(仮想)の世界ではそれが可能なんです。

僕はあるソフトを使い、家に居ながらにして
バーチャル世界旅行を楽しんでいます。


そのソフトというのが

「Google earth」

検索エンジンで有名なGoogleが出した地図ソフト(無料)です。

Googleはインターネットだけじゃなくて、地球も検索
出来るシステムを作っちゃいました。


世界中の衛星写真を見ることができる”未来の地球儀”といった
感じでしょうかね。


衛星写真といっても、ただの衛星写真じゃないですよ。

場所によっては建物や車の形まではっきりと見えます。


そのソフトで観たバチカンの写真です。(by google)


これだけじゃありません。
まだまだ拡大できます。



このソフトのすごいところは、上空から見るだけじゃなく、
視点を自由に変えることが出来ます。


さっき、喜望峰にて記念撮影してきたものです(笑)


左上の検索バーに行きたい場所を入力(英語)し
検索ボタンを押すだけなので操作も超簡単です。


これから旅行前は、このソフトで予習が出来ますし、
普段行けない秘境などもいけたりします。

本当に便利な時代になりましたねー。


詳しい説明、ダウンロードはこちらからgoogle earth(英語)


本当に海外旅行したい方はこちら(日本語)
http://2100yen.com



本ebookが参考になればこちらへクリック頂けると励みになります!
お勧め節約サイトもいっぱいあります(人気blogランキング)

| コメント (0) | トラックバック (0)

ETCマイレージサービスは本当にお得?

いつもご覧頂き有難うございます!

過去何度かETCに関する話題を扱ってきました。

ETCには料金面と精神面(笑)で様々なメリットがあり、
簡単にモトが取れるとご紹介してきました。

詳しい内容は下記をご覧下さい。
http://www.100setuyaku.info/link/aboutetc.html

ETCでは早朝割引や通勤割引など
いろんな割引特典が利用できる上、

"ETC前払割引制度"を利用して5万円を前払いすれば
8,000円分お得になります。

さらに、全てカード払いですからカードポイントも
つくという特典つきです。

しかし、その素晴らしい制度が12月20日でなくなり
"ETCマイレージサービス"へと移行します。

▼ETCマイレージサービスとは?

"ETCマイレージサービス"とは高速を利用する度にポイントを獲得でき
そのポイント数に応じて高速道路を無料で利用できる仕組みです。

基本的には両者とも同じようなサービスなのですが、
今回どちらがお得なのか比較検討してみました。

結論からいうと、長期で考えた場合
現行の"ETC前払割引制度"のほうが有利というのが僕の見解です。

"ETCマイレージサービス"は"ETC前払割引制度"と同様
5万円分高速道路を利用すれば、8,000円分のお得になり
割引率としては両者同じなのですが、
”有効期限”という大きなデメリットがあります。

"ETCマイレージサービス"で4月~翌年3月まで獲得したポイントは、
その翌々年の3月までしか有効ではありません。

"ETC前払割引制度"では無期限だったものが、
"ETCマイレージサービス"では、
最長2年、最短13ヶ月になってしまったということです。

一方、"ETC前払割引制度"ではその有効期限がありません。

12月20日までに前払いすれば、
現行制度が変わらない限り使い続けることが出来ます。
Suicaにチャージするようなイメージですね。

もし来年の4月から"ETCマイレージサービス"を利用し、
有効期間内に1万円分しか高速道路を利用しなかったとすると
500円分しか還元されません。

さらに、5000円にも届かなかった場合は、
ポイントが0になってしまいます。

"ETC前払割引制度"を使って5万円分前払いした場合は
幾ら小額の支払でも常に16%割引されることになります。

したがって、滅多に高速道路を利用されない方は
"ETC前払割引制度"のほうがお得になるかと思います。

とはいっても
来年の3月までは移行を促進する為、
"ETCマイレージサービス"を利用すれば獲得ポイントが2~3倍になる
キャンペーンを実施中です。
http://www.smile-etc.jp/service/campaign.html

ということは、ポイント3倍の日を狙って
16,700円利用すれば8000円分もお得になることになります。
(割引率約50%)

従って、来年の3月までは"ETCマイレージサービス"のほうが有利です。

▼今出来るお得なプラン

最後にまとめとして、今出来るお得なプランを考えてみました。

1.長期使用の為、"ETC前払割引制度"を使い12月20日までに
  5万円分を事前にチャージしておく

2.もう一枚ETCカードを作り、2006年3月までは
  ETCマイレージサービスにてポイントを貯める

3.4月以降は、1.で獲得した"ETC前払割引制度"で支払う

2.でつくるETCカードですが、僕としてはライフカードがお勧めです。

入会費、年会費無料にも関わらず
ポイント特典が素晴らしいというのが理由です。

さらに、誕生日月にはカード利用ポイントが5倍もらえるので
ETCをお持ちじゃない方へもお勧めできるカードです。

http://www.100setuyaku.info/link/lifecard.html

▼両サービスについて詳細ならび申込み

両サービスともに申込みが必要です。
詳しくは下記URLをご覧下さい。

[ETCマイレージサービス]
http://www.smile-etc.jp/

[ETC前払い割引サービス]
http://www.etc-plaza.jp/


参考になれば
こちらへクリック頂けると励みになります!
お勧め節約サイトもいっぱいあります(人気blogランキング)

| コメント (0) | トラックバック (0)

ガソリンスタンドセルフ給油を簡単に スピードパス

セルフのガソリンスタンド、かなり普及してきましたよね。

サービスを省略した分、安いのが魅力ですが、
精算がちょっと面倒です。
(給油はしょうがないですけどね)

この支払いを簡単に出来たらいいなと思ったことありませんか?

そんなサービスが最近開始しました。

エッソ、モービル、ゼネラルのセルフ給油で使える

”スピードパス”というものです。

”スピードパス”という小さい棒を給油機に
かざすだけで数秒で支払いができます。

こんな形です↓
http://www.speedpass.jp/whats/whats.html

”スピードパス”にクレジットカード情報を登録しておくことで
登録されているクレジットカードに請求される仕組みです。

スピードパスをキーホルダーなどにつけておき、
それで決済すれば、

財布から小銭をわざわざ出したり、
カードを出してサインをする必要もありません。

しかも!!!

スピードパスを使えば通常より安く給油できるようです。
(僕の家の近くのスタンドではリッターあたり2円引きでした)

さらに!!!

カードで支払うということは、カードポイントも付きますので
ダブルでお得ですよね。

そんないいこと尽くめのスピードパス、入会費・年会費は

なんと無料です!

とっても便利な反面、”スピードパス”をなくした場合
悪用されてしまうことが心配です。

でもご安心を。
紛失後に連絡すれば60日前~3日後の不正利用による損害は、
60万円を限度に保険でカバーしてくれるとのことです。

スピードパスが使えるガソリンスタンドの
リストを載せておきますね。
(店頭でお申込みできるはずです)

http://www.speedpass.jp/sslist/sslist_top.html

SuicaにしてもETC、スピードパスにしても
本当に便利な世の中になりましたよねー。

僕も半年前からこの”スピードパス”を愛用しています。
情報を教えてくれたFPのYさん感謝です!

参考になればこちらへクリック頂けると励みになります!
お勧め節約サイトもいっぱいあります(人気blogランキング)



| コメント (2) | トラックバック (0)

海外旅行保険を無料にする方法

海外へ行く際には、必ず海外旅行保険に入りましょう。

「海外旅行保険に加入していなかったため何百万円も請求された」

などという怖い話を聞きます。

しかし、


"高い旅費を払った上にさらに数千円の出費なんてー"

と加入されていない方も結構いるかもしれません。

そのような方に特にお勧めしたいのが、


”年会費無料でかつ海外旅行保険が付帯するカードに入会すること”

です。

しかし、年会費無料というだけあって、保障金額が低く、

いざというときに安心できる内容かどうかは疑問が残ります。

(まったく加入しないよりは全然いいですけれどね)

そんな時に役立つ裏技が


”複数のクレジットカードに加入し補償内容を合算すること”


なんです。

実は死亡保険以外、すなわち傷害保険、賠償責任保険、

携帯品保険などは複数の補償内容を合算できます。

したがって、複数のカードを持てば


”何千円もする海外旅行保険に匹敵する補償内容を得られます”


僕たち夫婦は海外旅行へ行く際にはこの裏技を使っているので

特別に海外旅行保険には加入しません。

海外旅行にかかる費用を少しでも安くとお考えの方には

お勧めの裏技ですね。

今回、海外旅行保険が付帯する年会費無料のカードを

集めてみましたのでご紹介しますね。

既にお持ちのカードにも海外旅行保険が自動付帯している場合があるので

まずはそれを洗い出し、足りない分を下記カードで補う

形がいいかもしれません。

1.My Sony Card

死亡・後遺傷害 2,000万円
疾病・傷害治療 100万円
賠償責任(免責金額なし) 2,000万円
携行品損害(免責金額3,000円) 20万円
救援者費用 200万円

http://www.100setuyaku.info/link/sony.html

2.イオンカード

死亡・後遺傷害 1,000万円
疾病・傷害治療 100万円
賠償責任(免責金額なし) 1,000万円
携行品損害 10万円
救援者費用 100万円
備考 旅行に行く前に事前申し込み要

http://www.100setuyaku.info/link/aeon.html

3.シティバンククリアカード

死亡・後遺傷害 1,000万円
疾病・傷害治療 100万円
賠償責任(免責金額なし) -万円
携行品損害 30万円
救援者費用 50万円
備考 保障を受ける為には旅行費用を支払う必要あり

http://www.100setuyaku.info/link/citi.html

1.~3.を合計すると

死亡・後遺傷害 2,000万円(これだけは合算できない為、My Sony CardがMAX)
疾病・傷害治療 300万円
賠償責任 3,000万円
携行品損害 60万円
救援者費用 350万円

となり、一般の海外旅行保険と遜色のない補償内容になると思います。

しかもそれが無料ですからねー。

1.のMy Sony Cardは年会費無料にしては比較的よい

サービス内容を提供されていますし、

2.のイオンカードも20,30日の「お客様感謝デー」では

ジャスコやマックスバリューで5%OFFで買い物できる

日常生活でもお得に使えるカードです。


以上のことは、実際にクレジットカード会社や保険会社、

インターネットからの情報をもとにしていますが、

今後補償内容が変わったり、正確でないこともあるかもしれませんので、

ご注意ください。

クレジットカード付帯の保険に

プラス幾らかで補償内容を充実させるという保険もありますから

こちらもうまく活用されるといいと思います。

保険料だけでもかなりの節約になりますから、

次に海外へ行かれる際には是非ご検討ください。

参考になればこちらへクリック頂けると励みになります!
お勧め節約サイトもいっぱいあります(人気blogランキング)

| コメント (2) | トラックバック (0)

月の土地購入できるってご存知でした?

お越し頂き有難うございます。

今日はちょっと節約から離れて、おもしろい情報をお伝えします。

皆さま、月の土地を購入できるってご存知でした?

ルナエンバシージャパンという会社で月や火星も金星の土地を売っているんです。

父の日のプレゼントや大切な方へのプレゼントにおしゃれじゃないですか?

ちなみに僕は妻の誕生日に月の土地をプレゼントしました。

いつの日か一緒にその土地に行ってみたいと思って!!

blogランキングに参加しています
参考になった方、よろしければこちらへクリック頂けると励みになります!

| コメント (0) | トラックバック (0)

新聞の購読料支払いをクレジットカードで

いつもご覧頂き有難うございます!

前回は新聞についての記事を書きましたが、今回は新聞の購読が必要の方へのお得情報です。

三井住友VISAカードをお持ちの方で、朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、西日本新聞を購読されていらっしゃる方、
お住まいの地域によっては購読料のクレジットカード払いが可能です。

三井住友VISAカードでは5/31までに申し込めば、抽選で5,000円のVISAギフトカードがもらえるキャンペーンをやっています。
詳細・お申し込みはこちら(三井住友VISAカードホームページ)をご覧ください。

私がクレジットカード払いをお勧めする理由はクレジットカードについてという記事をご覧いただければと思います。

blogランキングに参加しています
よろしければこちらへクリック頂けると励みになります!

| コメント (0) | トラックバック (0)

一人8,800円で高級ホテルに泊れる方法

仕事の合間に久々に・・・。
先日会社の出張で、ホテルの確保をしていた時に見つけたのですが、とてもよいサイトを見つけました。

8,800円で高級ホテルに泊れる"OZmall"です。

ヒルトンや、シェラトン、メリディアン、センチュリーハイアットなど普段、1泊3万以上かかるような高級ホテルに一人8,800円で宿泊することが出来ます。

安いだけあって、人気のホテルは直に満室になってしまいますが、もし事前に予定がわかっている場合に是非お勧めのサイトです。

追伸)
会社の出張で利用しました(センチュリーハイアット)。
私の会社の社長は大満足でした。選んでよかったです。



参考になった方はこちらへクリックをお願いします(ランキング)

| コメント (0) | トラックバック (0)

姉妹サイト「マイレージ虎のANA(穴)」がオープンしました

ANA派でもある妻のサイト、「マイレージ虎のANA(穴)」が暫定オープンしました。

妻は飛行機に関してはユナイテッドとノースウエストに絞って収集していますが、ANAに関しては陸マイラー(飛行機に乗らずにマイルを貯める)として、こまめにマイル収集に励んでおり、2年に1度は国内往復航空券を獲得しています。

そのノウハウを随時ご提供していく予定なので、こちらも是非とも遊びに来てください。

| コメント (2) | トラックバック (0)

ゴールドカードで海外旅行保険を充実

先日はこちらで年会費無料のカードを合算することで充実した海外旅行保険にする裏技をご紹介しましたが、

本日はゴールドカードにおける海外旅行保険の保証内容を検証します。今回はマイルがたまるカードを中心に集めてみました。

昨日ご紹介した年会費無料のカードと比較すると、実は年会費が高いわりには保険内容が充実しているとはいいがたいです。
(その他のゴールドカードも調査しましたが似たり寄ったりでした)

おそらくこの中でもっとも使う可能性の高いのが、"治療費用"と"携行品損害"だと思います。
その内容に不安がある場合には、先日ご紹介した、

死亡・後遺傷害以外は合算できる

という裏技を用いて、年会費無料で海外旅行保険が自動付帯するカードと組み合わせることで、保障内容を充実させることをお勧めいたします。

シティワールドパークスVISAゴールドカード

年会費 18,900円
死亡・後遺傷害 5,000万円
疾病・傷害治療 200万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 50万円
救援者費用 200万円
※旅行代金の一部をカードで支払う必要あり

UAゴールドカード

年会費 15,750円
死亡・後遺傷害 5,000万円
疾病・傷害治療 300万円
賠償責任 3,000万円
携行品損害 50万円
救援者費用 300万円

ノースウエスト/JCBワールドパークステイクオフカード

年会費 18,900円
死亡・後遺傷害 5,000万円
疾病・傷害治療 200万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 50万円
救援者費用 200万円

シティVISAゴールドカード

年会費 12,600円
死亡・後遺傷害 1億円
疾病・傷害治療 150万円
賠償責任 3,000万円
携行品損害 50万円
救援者費用 100万円
※旅行代金の一部をカードで支払う必要あり


参考になった方はこちらへクリックをお願いします(ランキング)

***
●死亡・後遺障害
海外旅行中に死亡事故に遭ったり、傷害により重度の後遺障害が発生した場合に適用される
●疾病・傷害治療
海外旅行中に急病で病院に行ったり、怪我をして病院に行った場合などに適用される
●賠償責任
海外旅行のときに陳列の商品を壊した場合などに適用される
●携行品損害
カメラやバックなどの旅行に持っていった携行品が盗まれた場合や壊れた場合などに適用される
●救援者費用
長期入院などで現地に家族が行った場合などに適用される

| コメント (0) | トラックバック (0)